一芽ひとえ(品評会出品茶)を一緒につくりましょう!

「一芽ひとえ」は現在、お便りのタイトル「一芽ひとえ通心」として使用していますが、言葉のはじまりは今から十数年前、私が就農して間もないころから続けてきた茶品評会の出品茶を販売する際に、商品名として名付けたのが始まりです。

お茶の葉一枚一枚を丹精込め、根気よく摘んでくださるお茶摘みの方々の様子を言葉にしたものです。

品評会への出品はしばらくの間お休みしていましたが、山間地のお茶づくりを象徴するお茶として「切り生えの手摘み茶」を作り続け、自然仕立ての手摘み茶が持つ独特の「旨味」や「芳香」をお届けしてきました。

切り生えの手摘み風景

今回の取り組みは品評会出品茶という事で、「切り生えの手摘み茶」よりも更に手間暇のかかるお茶づくりになります。
とは言っても、ハードルの高いものではありませんし、特別な技術や経験も要りません。

ゆっくり、しっかり、文字通り一芽一芽根気よく摘んでいただくことです。
結構、ハマる人はハマるんですよ!

こちらから「美味しいお茶を作るための手摘みのポイント」をお伝えいたしますので、ご心配なく。

新緑と薫風に包まれた茶畑で、まったりとした時間を過ごしてみませんか。

下記、募集のご案内をご覧ください。
 

【ご案内】

1.「一芽ひとえを一緒につくりましょう!」は、茶品評会出品茶の収穫作業(平成29年4月下旬ごろ)のお手伝いをしていただき、品評会出品・審査(平成29年夏)後に「一芽ひとえをみんなで味わう会」(平成29年秋)をやりましょう~という活動です。

2.午前中(7:30~11:30頃)の作業になりますが、ご都合の付く時間にご参加ください。

3.参加費は無料です。収穫作業のお手伝いに対する報酬はお支払いいたしません。

4.お茶摘みの会場となる茶畑はおかかえ茶園かねぶんの自宅周辺です。会場までの行き帰り交通費は各自ご負担ください。

5.収穫作業等、活動中のけが等に対する傷害保険に加入させていただくため、必要な個人情報をお伺いいたします。

6.ご参加くださる方は、トップページのヘッダーナビにある「お問合せ」から必要事項をご記入ください。また、お問合せ事項欄に「お茶摘み希望」とお書き添えください。追ってこちらからご連絡いたします。

お問い合せはこちら
TEL:054-368-1913
FAX:054-368-1913